平均的なホームページ作成費用

当社が以前ホームページ作成を他社に依頼した際の作成費用を参考に算出致しました。数社に見積り依頼した平均価格が以下です。

初期費用
ホームページ作成のディレクション費  10万円 
トップページデザイン  8万円
 ページ作成(30ページ×1.5万円) 45万円 
フォームCGI作成(3フォーム×3万円)  9万円 
合計  72万円 

耳慣れない用語が並んでいて分かりにくいかもしれませんが、「合計」欄をみてください。

上記のように、30ページ程度の本格的なホームページを作成しようと思うと、初期費用として72万円もかかるのです。

もちろんどれくらいの規模のホームページを作成するかで、必要なコストは変わってきます。

とりあえず会社案内程度の簡単なホームページでよい、ということであればもっと安く作れます。でも商売につながる本格的なホームページを作りたいのであれば、これくらいの費用が必要になってしまうのです。

フラッシュを使った動画について

ここで少し、ホームページ作成会社の内幕についてお話ししておきましょう。

実は制作会社にとってホームページ作成という仕事は、今やあまり儲からないお仕事です。

7〜8年前なら、30ページくらいのホームページの制作費用は100万円を下りませんでした。場合によっては200万円近く請求する制作会社もあったくらいです。

ところがその後競争が激しくなって、今では同じ規模のホームページ作成の費用が70万円前後にまで下落し、制作会社の利益率は随分と下がってしまいました。

そこで制作会社が最近力を入れているのが、「フラッシュ」という技術を使った動画のホームページです。トップページで格好いい写真がくるくる動くホームページがありますが、こうした動画のホームページを作るのが最近は流行っています。

このフラッシュという動画作成のサービスは単価が高く、30〜50万円くらいしますので、制作会社としては売上を増やすことのできる「おいしい」サービスです。

だから制作会社はこの「フラッシュ」という技術を使った動画サービスの営業に力を入れています。「動きのあるホームページの方が反応がいいですよ」と言葉巧みに提案してくるのです。

たしかにフラッシュで動画を作ると、たしかに格好良くて見栄えがします。

でも実際の所、ホームページの反応はあまり変わりません。

「予算があまっている」という会社はともかく、制作費用を少しでも抑えたいとお考えの方は、フラッシュの動画を作ってもコストに見合う成果はあげられない、と思ってください。

ホームページ完成後にもかかるコストの相場

さてここまでお話したのは、ホームページを最初に作るときに必要な初期費用でした。

この初期費用に加えて、ホームページが完成した後にかかるランニング費用もばかになりません。

商売をしていると、頻繁にホームページの更新が必要になります。新商品の発売や価格の改定、季節にあわせたキャンペーンの実施など、ホームページの変更が必要になる場合が少なくありません。

そしてホームページの更新を制作会社に頼むと、当然お金がかかります。

どれくらいの修正を頼むかで費用は異なりますが、既存のページをちょっと変更する程度であれば2〜3万円、新しく何ページも追加すると5万円以上の費用は覚悟しなければいけません。

初めてホームページを作成する人が見逃しがちなのがこのホームページの更新費用

この更新費用の予算を確保していなかったため、新しくキャンペーンを始めたのにホームページにその情報を掲載できない、という状態の企業が少なくありませんので気をつけましょう。

サーバー費用

◆サーバーとは?

あなたのホームページを公開するためには、インターネットにつながった「サーバー」という場所にあなたのホームページを置いておく必要があります。お客さんはインターネット経由でホームページにアクセスする訳ですから、あなたのホームページもインターネットにつながった場所においておかなければいけないのです。

このホームページが設置されるのが「サーバー」と呼ばれる専用のコンピュータです。

もちろんサーバーを使わないで、あなたのパソコンをインターネットにつないで、そこにあなたのホームページを設置する、ということも技術的には可能です。

でもそうすると世界中のハッカーが、あなたのパソコンにやってきます。場合によってはあなたの大切なパソコンの中身を改ざんしたり盗み出したりするかもしれません。

ですからセキュリティーの観点からは、専用のサーバーを契約して、そこにホームページを設置した方が安全です。

◆サーバーの費用

さてこのサーバーですが、提供しているサービスで値段にかなりの差があります。

専用の高級サーバーだと、月額10万円以上しますし、安いサーバーだと月額2〜3千円です。個人用のサーバーだと月額300円以下ののサービスも出ています。

こうしたサーバーの値段の違いはどこから出てくるのでしょうか。

簡単にいうと、下記の2点で価格に差がでます。

  1. サポートをどこまで充実させているか
  2. セキュリティー信頼性を重視しているかどうか

◆サーバーの値段の違い

安いサーバーを提供しているサービスは、一般にサポートに力をいれていません。

たとえば月に300円のサービスだと、電話サポートの人件費が捻出できません。サーバーの償却費や会社としての利益を考えると、電話で10分サポートしたらもう赤字になってしまいます。そこでサーバー会社としては、「マニュアルを提供するから、自分で勉強してください。何か分からないことがあっても、なるべく電話しないでくださいね」というスタンスになってしまい、サポートが弱くなってしまうのです。

一方、セキュリティーや信頼性をどこまで追い求めるかで、サーバーの費用が異なります。防犯設備が充実した最新のインテリジェントビルと、鍵が壊れかけている築50年のボロボロのビルでは、テナント代はかなりの差が出ます。

サーバーも同じで、最先端のセキュリティーや信頼性を求めたサーバーだと、どうしても高くなってしまうのです。

と言っても、一般の中小企業や個人事業主がそれほど高級なサーバーを利用する必要はありません。ただ逆に、あまりに安いサーバーもセキュリティーが心配ですし、サポートもほとんど期待できません

SEO(検索エンジン対策)の費用

さて、ホームページで成果を出そうと思ったら、SEO検索エンジン対策)が必要になります。

SEOとは、Yahoo! やGoogleといった検索エンジンの検索結果で上位表示させるためのテクニックのことで、このSEOを施すとお客さんがあなたのホームページをたくさん訪れてくれるようになります。

このSEOの費用ですが、SEO業者によってかなり差があります。狙ったキーワードによっても価格が異なるのですが、安いサービスで初期費用が5万円、月額3万円くらい。高額なサービスになると、初期費用が50万円、月額300万円、というものまであります。

SEO(検索エンジン対策)というのは、ホームページの「販促」の一種です。したがってSEOにどれくらいお金をかけるかは、あなたがホームページの広告予算としていくら用意するつもりかで決定しましょう。

ホームページに結局いくらかかるの?

以上、ホームページを作成するのに必要な費用を見てきましたが、最後にあらためて整理しておきましょう。

ビジネスに活用できる本格的なホームページを作成する場合、初期費用として下記の費用が必要になります。

●ホームページ作成費用                70万円

●動画(フラッシュ)作成費用        30万円〜50万円

●SEO(検索エンジン対策)         5万円〜50万円

月額費用としては以下のような形です。

●ホームページ更新費用           3万円〜5万円

●サーバー費用                3千円〜10万円

●SEO(検索エンジン対策)        3万円〜300万円

思ったよりホームページ作成にお金がかかるので、びっくりされたかもしれませんね。

しかし!!

当社のmahp(マウプ)では、この初期費用を 52,500円〜

月額費用は10,000円(サーバー費、運営費等)となっておりますので、大変お得です。 

また、ホームページ作成のポイントをまとめたガイドブックを無料でプレゼントしておりますので、こちらもぜひご応募ください。

→ 「ブログ型ホームページ作成入門」 〜 商売に役立つ低コストな
企業ホームページの作り方 〜 無料プレゼントはこちら